オンラインレッスン対応しています。


2020年、緊急事態宣言下のピアノ教室として、レッスンに来られなくても生徒さんが目標を持ってピアノに取り組めるよう、オンラインでのレッスンにも対応しています。

 

LINEレッスンのほか、ZoomやFacetaimeも使って生徒さんの練習をサポートしています。

生徒さんからも前向きなご感想が多く、不自由な状況も逆に利点にしていらっしゃるようです。

様々な事情でレッスンに来られない方もどうぞご相談ください。

 

『みんなを笑顔に😊スマイルコンサート ♪』、『アラベスク企画』、インスタグラムなど、オンラインでの楽しい企画も随時発信中です!

生徒さんからの声


オンラインレッスンで復帰。

小さな子供がおり、私自身も働いているのでレッスンをお休みをしていましたが、「いつでも弾きたくなったら」と気にかけてくださり、オンラインレッスンという新しい形で復帰出来ることになりました。

 

先生は、気まぐれな大人のやる気スイッチを見逃さず、気持ちに寄り添いつつも音楽と向き合う際の道しるべとして一緒に向き合ってくださいます。

 

面倒見の良さ、そして何よりも先生がいつも知的好奇心と向上心高く努力してらっしゃる姿は、プロとしての姿勢を感じ、レッスンではいつも先生の沢山の引き出しに刺激を受けます。そしてレッスンを受けると、こんなに私は音楽が好きだったんだなと毎回実感します。

 

私も小さい時に先生に出会いたかった!今の夢は、子供と一緒に先生のレッスンを受けることです。(30代女性)

2020年、ピアノに支えられています。

ピンポーン♪先生の笑顔と素敵なディスプレイのお玄関に迎えられ居心地のよいレッスン室へと誘われます。この時点で日常から解き放たれ、先生とピアノと生徒の私の世界です。

 

 幼少の頃からのピアノで先生との学びが一番長く20年に。お月謝袋も20枚、大切なレッスンノートも同様の証。

 

 実にたくさんの曲と出会いましたが、合唱団の団員でもある私に、ドイツレクイエムを歌っている年に合わせてピアノでもブラームスを、ミサソレムニスの年はベートーベンに集中の機会を作って頂けるのは相乗効果。

 

レッスンノートの記録は見返せば、私のピアノ年表。ノートの後にベートーベンやモーツァルトのソナタの弾きモレ!?チェック表をつけ、全楽章弾いていくのは、ピアノという楽器の特性、作曲家の作風や背景を知るきっかけ、達成感もあり楽しい。

 

20年間、コツコツとバッハを弾き、平均律やパルティータ、フランス組曲…最近は私に思うように弾いてみるよう勧めて下さいます。

 

 大人になってのブルグミュラー18は、深く学ぼうとすると、タイトル、テクニック、表現力の3拍子が繋がれば、予想外の収穫に。

 

楽譜の版や編集も多様にあるので、お勉強熱心な望月先生に導かれながら、解釈や新旧の違いを見、弾き比べるのも興味深いこと。

 

レッスンの度に新しい手応え刺激を頂いて帰宅。

 

異例の2020年、こういう時こそ、ピアノに支えられている大きさに感謝。

 

お教室運営には、リモートレッスンに始まり、スマイルコンサート発信、レッスン再開のご努力や工夫と、先生の前進前進の姿勢には、心強く、私は還暦を迎えましたがこれからもずっと先生に付いて行きたいと思います。

(60代女性)